実録!?横浜の生臭BOZUさん(笑)

「人生いろいろ」の巻

10月9日・木曜日です、こんばんは。

本日は、久々に映画を観賞しました。作品名は『おくりびと』です。最近、葬儀社さんの式場などでこの映画のポスターが貼ってあるのをみかけまして。ま、そういうことで、あらすじは以下の通りデス。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「あぁこの広告、誤植だな。"旅のお手伝い"ではなくて、安らかな"旅立ちのお手伝い"。」――求人広告を手にNKエージェントを訪れた主人公・大悟(本木雅弘)は、社長の佐々木(山﨑努)から思いもよらない業務内容を告げられる。それは【納棺(のうかん)】、遺体を棺に納める仕事だった。戸惑いながらも、妻の美香(広末涼子)には冠婚葬祭関係=結婚式場の仕事と偽り、納棺師(のうかんし)の見習いとして働き出す大悟。美人だと思ったらニューハーフだった青年、幼い娘を残して亡くなった母親、沢山のキスマークで送り出される大往生のおじいちゃん・・・そこには、さまざまな境遇のお別れが待っていた!(『おくりびと』公式HPより引用)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
音楽家から納棺の仕事へ転職。そんな主人公を、本木雅弘が好演。広末涼子もかわいい(笑)。いまさらであるが、広末涼子の魅力とは、あの若々しい「声」にあるのではないかと思った。

まぁ、そういうことは置いておいて…。ワタクシは納棺の手伝いはしたことがない。しかし、小松にいたときにちょこっと遺体搬送の手伝いや、枕勤めの時にご遺体に数珠を掛けることを頼まれたことがあった。恥ずかしながら、それまでご遺体に触ったことがなく、色々とカルチャーショックだった。亡くなったばかりのご遺体の温かさ。そして、既に冷たくなった手をほどくときの難しさ。当たり前と言われればそうだが、貴重な体験だったと思う。

さて、そんなことを思い出しつつ…。

主人公が、納棺の仕事を通じて関わる人々の人生模様。そこに、「死」は誰にも平等であるが、一人の人生にはその人固有の「事情」があることを再認識する。その「事情」ゆえ、生ける者はお互いに反目しあうことがあるだろう。しかし、「死」をくぐりぬけることによって、また和解することもある。

時にはおかしさを交え、時にはしんみりと。物語自体はシンプルであるが、素直な映画として見ごたえがあると思いました。
[PR]
by matuken6 | 2008-10-09 18:26 | 映画を楽しむ
<< 「北野武監督作品」の巻 「10月です」の巻 >>



近頃、うちの家族の中で秘かなブームになっているのが、「ひこにゃん」である。そのストラップを手に入れるべく、日々格闘する生活を綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
讃岐うどんツアー~木田酒店
from C級呑兵衛の絶好調な千鳥足
羽田空港 京浜急行
from 流行最前線
迎春日報ブログ版vol.1
from かきなぐりプレス
甘味工房
from 甘味工房情報
富山大学についての話題
from 富山大学受験ガイド★入試 入..
新作 オンラインゲーム ..
from おすすめ情報
にしおかすみこのお笑い動画
from お笑い動画
長井秀和の一念発起
from エンタメを読み解く言葉
ロフトベッド
from ロフトベッド
酒飲みの肝臓
from 二日酔いの特効薬
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧