実録!?横浜の生臭BOZUさん(笑)

<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「讃岐うどん探訪~その3」の巻

8月30日・水曜日です、こんばんは。さらに8月25日の讃岐うどんツアーをご報告です。
a0018845_20573838.jpg

午前中に讃岐うどんを4杯も食べた我ら一行。当然うどんはしばらくいらないと言うことに。じゃあ、何をする?ということで、坂出駅からJR四国の普通列車に乗って、向かったのが「琴平」です。(写真・上、全国的に少なくなってきた、キハ65形気動車)
a0018845_2058459.jpg
みなさんもご存知のように、琴平には「金毘羅さん」があります。食後の運動と称し、JR琴平駅から金毘羅さんの本宮を目指しました。参道は約800段!時刻は午後1時過ぎ。一番暑い時に登り始めました。参道の下の方は、土産物屋さんがズラッと並んでいます。(写真・左)


a0018845_20592425.jpg



参道を約30分ほどかけて登ると、金毘羅さん本宮(写真・右)に到着。

a0018845_20593845.jpg



眼下には、琴平の町が一望できました。(写真・左)




再び本宮から琴平の町に戻ったんですが、着ていたシャツはもう汗でぐっしょり・・・。もうどうにも我慢できずに、温泉旅館の立ち寄り湯(700円、タオル、バスタオル付き)に駆け込みました。汗をかいたあとの温泉はとても気持ちいい!
a0018845_213288.jpg

ひとっ風呂浴びて、さっぱりしたところで、再び坂出に戻り、坂出駅のコンコースにある「亀城庵(きじょうあん)」さんで、この日最後の讃岐うどんに舌鼓を打ちました。食べたのは、「野菜天ぶっかけ(580円)」です。ふくよかで、コシのある讃岐うどん。野菜のてんぷらも、スープとマッチしていました。

以上のように、一日に合わせて5杯の讃岐うどんを食べました。こうして坂出駅を午後5時20分頃に出発し、京都に午後9時45分に戻ってきました。また青春18キップが使える頃に、讃岐うどんツアーを敢行したいです。
[PR]
by matuken6 | 2006-08-30 21:03 | 讃岐うどんレポート

「讃岐うどん探訪~その2」の巻

8月29日・火曜日です、こんにちは。引き続き、8月25日(金)の讃岐うどん探訪レポートです。

1店目・「兵郷(ひょうごう)」さん(午前10時35分)

a0018845_18485799.jpg私の人生初めての、「讃岐うどん」は、こちらのお店からスタートです。

うどんをお店で食べる時、店の人に「〇〇うどん」と注文するのが通例ですが、讃岐うどんの場合、製麺所をかねてお店を出す場合があります。このとき自分が食べたいうどんの量(例えば、1玉とか、2玉)を注文し、どんぶりに入れてもらいます。そして、そのお店にある、野菜のてんぷら、おでん、ねぎ、しょうがなどのトッピングを、お好みで入れて、精算します。いわゆる「セルフ店」というのが、讃岐うどんの場合多くあります。
a0018845_18534822.jpg

こちらの「兵郷」さんも「セルフ店」で、ワタクシは「1玉(100円)」注文しました。写真にあるように、中央に乗っかっているのは、「魚のすり身を揚げた物(80円)」です。うどんに、テーブルに備え付けてある「しょうゆ」を適度にかけて、早速いただきました。

麺は、ツルツルしていて、食感がモチモチした感じ。しょうゆをかけただけでシンプルですが、これがウマイ!「うどんって、しょうゆだけでも食えるんだ!」と感動しました。そしてすり身を揚げた物も、香ばしく美味いのなんの!たった180円でも、恐るべし、讃岐うどん!

2店目・「木田酒店」さん(午前11時)
a0018845_1855550.jpg
続いては、店の名前が示すように、酒屋さんが「讃岐うどん」を出してくれました。こちらでは「ぶっかけうどん・小(250円)」を注文。お店のおばちゃん曰く、近所の「日の出製麺所」のうどんを使用とのこと。具材として、きざみねぎ、のり、レモン、油揚げ。スープは、かつお節が入った、濃いしょうゆでした。
a0018845_18562270.jpg
麺は、前歯でぷつっと簡単に切れるんですが、奥歯で噛むと、モチモチとっしかりした食感がしました。ホント、面白いですね~。ちなみに、具材として入っている油揚げが、また美味い。甘く味をつけた油揚げが、しょうゆスープとからんで、いい感じなんです。こちらも、あっという間にガツガツと完食!

3店目・「長楽」さん(午前11時20分)←宇多津町です。
a0018845_18553426.jpg

木田酒店のおばちゃんが教えてくれたお店。自転車で10分ほどで到着。こちらでは「かけうどん・小(110円)」を注文。他にも野菜類のてんぷらがトッピングにあります。まあ、ワタクシはシンプルに、きざみねぎとしょうがのみで食べてみました。
麺は、おそらく上記店舗よりも固め。ゴムゴムした食感でした。十二分にうどんのコシを堪能できます。スープは、うすいしょうゆダシ。さすがにうどんを2杯も食べた後なんで、食べるのにちょっと時間がかかりました。一緒に行ったS君は、あっという間に平らげていましたが・・・。ちなみに、「長楽」さんのうどん写真を撮り忘れるし・・・。

4店目・「上原製麺所」さん(午後0時5分)
a0018845_1857335.jpg
こちらのお店を探すのに少々苦労しました。NTT局舎の近くなんですが、表通りには無いし、自転車で通り過ぎてしまいました。実は表通りには、上原さんの米屋さんの店舗があり、裏通りの方に、製麺所があるんです。しかもうどんを食べるのは、製麺所の中で(笑)。
a0018845_1858259.jpg

そんなわけで、うどんの機械が稼動中なのを見ながら、「かけうどん・小(100円)」を食べました。麺は、表面ツルツル柔らかな感じ。でも麺の中心のコシは、きちんとありました。製麺所の中で、まさに出来立てのうどんを味わうのも、また一興でありました。

約2時間で、うどん4杯。もうお腹いっぱいに・・・(当たり前だ)。そんなわけで、我ら一行は、次なる行動に出たのでありました。それでは、また次回!
[PR]
by matuken6 | 2006-08-29 18:54 | 讃岐うどんレポート

「讃岐うどん探訪~その1」の巻

8月26日・土曜日です、こんにちは。
a0018845_22534787.jpg

昨日(8月25日)、朝っぱらから「青春18きっぷ」を使って、マイミクのS君と「讃岐うどん探訪」を敢行してきました。その模様を、お送りいたします。

a0018845_2254467.jpg
午前4時半に起きて、鞍馬口から京都市営地下鉄の始発電車に乗り、京都駅へ。そこからJRで、京都→大阪→姫路→岡山と電車を乗り継ぐ。岡山から快速「マリンライナー・17号」(写真・上)に乗車。





a0018845_2255260.jpg

ちょうどいい天気に恵まれ、快速「マリンライナー」の車窓から、瀬戸内海に浮かぶ小島や、航行する船をのんびり眺める。瀬戸内の景色(写真・左上、右)は、抜群にキレイでしたよ~!




a0018845_22573566.jpg
香川県・坂出には、午前10時10分に到着。初めて四国に降り立つ!京都からの所要時間は、およそ4時間でした。
早速一行は、坂出駅近くの「下川サイクル店」に向かい、自転車を借りる。ちなみに、こちらのレンタサイクル、一日乗って、たったの200円!とにかく安い!

そんなわけで、「下川サイクル3号」と名づけられた、黄色いママチャリ(写真・左)に乗って、「讃岐うどん探訪」スタートでありま~す!というわけで、また次回!
[PR]
by matuken6 | 2006-08-26 22:58 | 讃岐うどんレポート

「ひそかな計画」の巻

8月24日・木曜日です、こんにちは。
a0018845_13573730.jpg
右の写真をご覧ください。

かの有名な「青春18きっぷ」です。

JR全線の、普通・快速・新快速列車が一日中乗り放題の優れもの!

明日(25日)に実行予定の、ひそかな旅行計画が、ワタクシの中に突然持ち上がり、金券ショップで買ってきちゃいました。

後日、この計画のご報告をしますので、どうぞお楽しみに!
[PR]
by matuken6 | 2006-08-24 13:57 | 雑記

「ラーメン三昧⑫」の巻

8月23日・水曜日です、こんばんは。

ちょっとだけ京都に吹く風が、涼しく感じられるようになりました。ありがたいことです。

さて、久々のラーメン三昧ですが、今日は「拉麺・中華そば専門 麺屋 〇竹(まるたけ)」さんをご紹介。

このラーメン屋さんは、よくコメントをいただくマイミクの愚禿(ぐとく)さんより教えていただいたお店。場所は、烏丸竹屋町を東に入ったところにあります。京都地方裁判所の近くで、マンションの一階にお店があります。
a0018845_2274677.jpg
午後六時ころに伺いまして、早速「背脂しょうゆラーメン」を注文(写真・右)。結構いろんな具材が入っています。のり、白ゴマ、きざみねぎ、チャーシュー、メンマ、きくらげ、もやしなどなど。

スープには、もちろん背脂が入っていて、最初はちょっとこってりしているかなと思いましたが、それもやがて気にならなくなりました。さっぱりと、こってりの中間くらいだと思います。麺は、固めで出してくれまして、コシもあり、ワタクシ的に大変美味しくいただきました。

北大路の某O大学から自転車で、15分から20分位でいけるので、またお邪魔してみたいです。今度は、いろんなトッピングが全て入って1000円のラーメンを注文したいです。
[PR]
by matuken6 | 2006-08-23 22:08 | ラーメンの旅

「甲子園へGO!」の巻

8月21日・月曜日です、こんばんは。
a0018845_0113479.jpg

a0018845_0115744.jpgワタクシが、甲子園球場に入場したのは午後12時30分。早稲田実業側のレフトスタンド上段にちょっとしたスペースを発見!やっとのことで、自分の席を確保する。もうすでに内外野のスタンドは、ほぼ満席状態。




●試合経過●
1回裏・早稲田実業の攻撃。2アウト、一・三塁で、5番・船橋がセンター前ヒットを放ち、早稲田実業が1点を先制。
駒大苫小牧は、ここでピッチャー交代。先発・菊地に代え、早くもエース田中をマウンドへ送る。田中は後続を絶つ。

2回裏・早稲田実業の攻撃。2アウト、ランナー・二塁で、1番川西が、内角寄りのストレートを流し、レフト線を破るツーベースヒット!二塁ランナーが還って、早稲田実業がさらに1点を追加し、2点をリード。

6回表・駒大苫小牧の攻撃。この回先頭の1番三谷が、カウント0-1から外角低めのスライダーを振り抜き、左中間スタンドへホームラン!駒大苫小牧、1点を返し、2-1と一点差に詰め寄る。

6回裏・早稲田実業の攻撃。2アウト一塁で、8番白川が、初球・高めのストレートを振り抜き、レフトフェンスを直撃のツーベースヒット!一塁ランナーの内藤が一気に生還!早稲田実業が1点を追加し、3-1に。

7回裏・早稲田実業の攻撃。2アウト・二塁から、4番後藤が、初球・外角のスライダーを引っ張り、レフト前へクリーンヒット!二塁ランナーの川西が還り、1点を追加し、4-1。

9回表・駒大苫小牧、最後の攻撃。先頭の2番三木がレフト前ヒットで出塁し、ノーアウト一塁!続く3番中沢が、初球・外角寄りのスライダーをフルスイング!打球はセンターバックスクリーン左へ飛び込む2ランホームランとなる!駒大苫小牧、4-3と、1点差に詰め寄る!

しかし、駒大苫小牧の反撃もここまで。4番・本間篤、5番・岡川、6番・ピッチャーの田中が、早稲田実業・斉藤のピッチングに凡退し、ゲームセット。昨日からの決勝戦は、これで幕を閉じた。
a0018845_0124392.jpg

(写真・上。ゲームセットの瞬間。マウンド上で抱き合って喜ぶ、早稲田実業ナイン。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
両チームが、お互いに意地を出しきった試合だったように思う。

早稲田実業は、初回からコツコツと点をかさね、駒大苫小牧よりも、試合をリードしていたように感じた。早稲田実業のエース斉藤は、要所要所でフォークボールとスライダーが決まり、13奪三振の好投。駒大苫小牧の反撃を、2ホームラン・3点に抑えた。

一方の駒大苫小牧は、終始早稲田実業にリードされるも、2本のホームランで1点差に詰め寄って、試合を大いに盛り上げた。1回途中からマウンドに登ったエース・田中は、8回裏までを投げて早稲田実業に3点を奪われるも、よく投げきった。

「暑さを忘れるくらいの熱戦」
まさにこう形容してもいいくらいの好ゲーム。最後まで目の離せない、見ごたえのある試合だった。
a0018845_0135742.jpg
最後に両チームが閉会式で、球場を行進しているとき、球場にちょっと秋めいた風が吹き込んだ。それはまるで、気持ちいい風が、両チームの選手をそっと讃えているようにも感じられた。
[PR]
by matuken6 | 2006-08-21 22:59 | 小旅行・グルメ

「東京へGO!」の巻

8月20日・日曜日です、こんばんは。

今回の土日は、東京に行って参りました。土曜日の夕方にF君と共に新幹線で東京に向かい、友達の誕生日をお祝いにいってきました。

で、次の日の日曜日は、みんなでどこかへドライブに行こうということで、東京アクアラインの「海ほたる」に向かいました。日曜日の首都高は、比較的すいていて、快適なドライブ。

川崎側から長いトンネルを抜けて東京湾に浮かぶ「海ほたる」に到着しました。コンクリートジャングルの東京を抜けて、海の上に来たからでしょうか、海風が心地よい。早速、みんなで記念撮影。

この「海ほたる」からは、神奈川県・川崎側、東京都・お台場方面、千葉県・木更津側いづれも眺めることができます。

ちょっと小腹がすいたので、「海ほたる」名物(?)である、「あさりまん」を食べてみました。ちょっと大き目の肉まんを想像していただければいいと思います。なかなか美味しかったですよ。

「海ほたる」で、ゆっくりと食事と海の上からの眺めを堪能して、帰途に着きました。ちょうど今日は甲子園の決勝戦、駒大苫小牧と早稲田実業戦が、15回引き分け再試合になりました。

明日は、甲子園レポートでもしてみようかと思っています。
[PR]
by matuken6 | 2006-08-20 23:53 | 小旅行・グルメ

「京都に戻りました(鉄道マニア編)」の巻

8月19日・土曜日です。

昨日・18日に地元・珠洲から戻ってきました。金沢までは、先日ドライブをした「カフェイン中毒」さんの車に乗っけてもらい、またもや快適ドライブでした。
a0018845_242916.jpg
金沢からは、「特急・雷鳥」で帰ろうかな~、と思っていたんですが、折角だから「特急・しらさぎ」(写真・右)に乗って、わざわざ米原経由で京都に向かいました。

ちなみに、金沢~京都間の乗車券の値段は、米原回りでも変わりません。特急料金も、米原までなので数百円安いし。ただし、米原で乗り継ぎ&米原から新快速なんで、雷鳥に乗るより時間が50分ほど余計にかかります。おかげで、安居の講本を十二分に読むことができました。

こんなアホなこと、電車が好きでないと、しないだろうなぁ・・・。電車に乗るのが苦にならない人以外には、あんまりオススメしません。

それで、米原駅で乗り継ぎ待ちをしているときに、鉄道マニアが、ウハウハしちゃう光景を目撃しました。

というのも、455系という急行型電車があるんですが、それの旧・国鉄色の電車が米原駅に入線してきました。クリーム色と、濃いピンク色のバージョンです。

この春に、富山県のJR・富山港線が廃止となりましたが、廃止直前までこの455系が旧・国鉄色で走ってました。おそらく、その色のままの電車が、北陸線の電車として現在運用されているのではないかと、推察します。

しかし、ちょうどデジカメを持っていなかったので、その電車を激写できず・・・。ちょっと残念でした。

そんなわけで、勉強を頑張ります。
[PR]
by matuken6 | 2006-08-19 01:22 | 小旅行・グルメ

「ドライブ」の巻

8月16日・水曜日です、こんばんは。

15日のお盆は、朝から夕方までお墓参りをしていたために、すっかり顔だけ黒くなりました。なんとか、こういう機会だけでも、門徒さんに顔を覚えてもらわないと・・・、と本気で感じました(泣)。

ところで本日は、高校時代からの友達と、能登半島の外側、狼煙(のろし)灯台~木の浦海岸~曽々木までをドライブしてきました。

能登半島は、日本海側有数の大きな半島で、外側(外浦)と内側(内浦)では、海岸線の雰囲気が全く違います。外側は、山が海岸まで迫り、ごつごつした岩石の海岸線が特徴です。対して内側は、砂浜海岸が多く有ります。

狼煙灯台は、能登半島の先っぽで、白い灯台が有名です。近くの県道から、小高い丘を登ったところに灯台がそびえています。ここから眺めるおだやかなマリンブルーの大海原は、とても綺麗で、癒されますよ。

木の浦海岸は、小さな入り江にある海岸です。国民宿舎・きのうら荘を目印にするといいと思います。入り江なので、小さな砂浜があり、今日も20人ほどの海水浴客が、海を楽しんでいました。ここらへんの海は透明度が高いことでも知られます。前の日記でも書きましたが、この木の浦には、「二三味(にざみ)コーヒー」さんのお店があり、コーヒー豆を挽いたいい香りが、していました。

さて、木の浦海岸からさらに半島を西に行くと、「塩田(えんでん)」で塩を作っているのを見かけます。10メートル四方に区切った砂地を作って、そこにすぐそばの海から海水を運びます。その海水を砂地にまいて、砂に塩分を含ませます。砂が乾くと、その砂を集めて、さらに海水を掛けて、濃度の濃い塩水を作り、じっくりと釜で煮ます。そうやってできたのが、粒の大きい塩です。肉料理、魚料理に重宝します。しかも、海のミネラルたっぷり!能登の名産品のひとつです。

最後に、曽々木海岸の「窓岩(まどいわ)」を見に行きました。海に突き出た岩石に海の波や、風が当たって、穴が開いたものです。ちょっと離れたところから見ると、窓のように見えることから、このような名前が付いたとか。

普段地元の観光名所を回ることがあまりなく、今回のドライブで、あらためて観光名所を回ると、いい自然がいっぱいあることに気づきます。能登の生まれでありながら、あまり知らないことが沢山あるなと再認識した、今回のドライブでした。
[PR]
by matuken6 | 2006-08-16 23:46 | 雑記

「実家に戻りました」の巻

8月12日・土曜日です、こんばんは。

お盆ということで、昨日・11日に実家の珠洲に戻ってきました。たまたまかもしれませんが、エアコンがなくても、快適に過ごせます。田舎の自然の偉大な力に、ただただ敬服するばかりです(笑)

ところで、昨日はJRの特急で帰ってきたんですが、ちょっと珍しいトラブルに巻き込まれました。

というのも、「線路の枕木が燃えた」んだとか・・・。
a0018845_203728100.jpg
昨日の雷鳥89号(写真・右)が、新疋田と敦賀の間を走行中に減速し、駅と駅の間で停車しました。

「信号待ちかな?」と思っていたら、車内アナウンスで、「ただいま前方に煙が上がっているため、確認のため停車しています。」とのこと。

で、その後に「枕木が燃えているため、ただいま、運転士と車掌が消火活動をしています。いましばらくお待ちください。」と再びアナウンス。

こんなことが起こるんですね~。電車が好きなので、機会があればなるだけ電車を使っていますが、こんなトラブルを実際に聞くのは、初めてでありました。JRの乗務員の方、お疲れ様でした。

その後は、十三分ほど現場の停車して、出発進行。枕木が燃えた理由は、よくわかりません。誰か教えてください。

まあ、そんなわけで、ゆったりと実家を楽しみたいと思います。
[PR]
by matuken6 | 2006-08-12 20:12 | 雑記



近頃、うちの家族の中で秘かなブームになっているのが、「ひこにゃん」である。そのストラップを手に入れるべく、日々格闘する生活を綴ります。
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
讃岐うどんツアー~木田酒店
from C級呑兵衛の絶好調な千鳥足
羽田空港 京浜急行
from 流行最前線
迎春日報ブログ版vol.1
from かきなぐりプレス
甘味工房
from 甘味工房情報
富山大学についての話題
from 富山大学受験ガイド★入試 入..
新作 オンラインゲーム ..
from おすすめ情報
にしおかすみこのお笑い動画
from お笑い動画
長井秀和の一念発起
from エンタメを読み解く言葉
ロフトベッド
from ロフトベッド
酒飲みの肝臓
from 二日酔いの特効薬
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧