実録!?横浜の生臭BOZUさん(笑)

<   2006年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「湖族の郷・アートプロジェクトに行く」の巻

2月27日、月曜日です。
ちょっと、かくれ念仏シリーズはお休みして、今回は25日(土)に行って来た、「湖族の郷・アートプロジェクト」の様子をリポートします。このプロジェクトを知ったのは、一月下旬に京都市美術館で開催された、成安造形大学の卒業制作展にお邪魔したのがきっかけでした。
a0018845_2203018.jpg
(写真上は、手作りのボートです。実際に琵琶湖に浮かべて乗ってみたそうです。)

a0018845_239725.jpg
このプロジェクトは、滋賀県・堅田の町をフィールドに100人近くの作家さんや成安造形大学の学生さんが、思い思いの場所に、作品を展示するものです。展示場所は、銭湯・空き家・教会・神社・寺院・琵琶湖畔などイロイロで、もう作家さんの感性で、堅田の町のいたるところです。
(写真右は、作品中に「全体」と書いてある通り、琵琶湖の風景そのものがまさに作品となるということかな?)

a0018845_240124.jpg
ワタクシ自身、普段の生活の中では、芸術作品・美術作品と触れ合う機会を余り持つことがありません。しかし、今回のプロジェクトを拝見して、それぞれの作家さんが工夫して、作品を展示する場所と、作品そのものを上手く融合させて表現していたのが、とても印象的でした。
(写真左は、教会の中の作品。真ん中の白い道がそうです。バックのそこに使う硬い白い布を三枚重ねて、両サイドを複雑な形に切ると、モコモコッと盛り上がるんだそうです。)
大変結構なプロジェクトでした。
[PR]
by matuken6 | 2006-02-27 02:52 | 小旅行・グルメ

「鹿児島~かくれ念仏探訪~その8」の巻

2月26日、日曜日です、こんにちは。
a0018845_171546100.jpg
さっ、「立山の隠れガマ」に引き続いて、今回は「盗人穴」です(写真・左)。この「盗人穴」ですが、もちろん真宗門徒がこっそり念仏するためのものです。しかし、子供達が近づかないように、子供に「あそこの穴には盗人がいるから、行っちゃいかんぞ」と言ったことから、こういうネーミングが付いたとか。中々面白いいわれです。


a0018845_17163317.jpg


で、この「盗人穴」は、近くの道路から案内板にしたがって、遊歩道を下ること数百メートル。小さな沢のほとり(写真・右)にあります。





a0018845_1717042.jpg
「盗人穴」は、左の写真のように岩と岩との間にある小さなスペースを利用したものです。前回の「立山の隠れガマ」のように、山に穴を掘ったものではありません。

ちなみに、わざわざ沢の近くに場所を作ったのは、川の流れの音で、念仏の声を掻き消すためだったとか。先人の苦労が偲ばれます。

a0018845_1727776.jpg
「盗人穴」の見学の後は、指宿温泉へGO!途中見えた、薩摩富士こと「開聞岳」(写真・右)がとってもキレイでした。たぶん富士山と同じく、成層火山なんでしょうね。標高が高そうで、実は924メートルです。3時間半あれば登れそうだな。
そんなわけで、かくれ念仏ツアー2日目も無事終了。ホテルのオイシイ夕食に舌鼓を打ちました。それでは、また次回!
[PR]
by matuken6 | 2006-02-26 17:28 | かくれ念仏レポート

「鹿児島~かくれ念仏探訪~その7」の巻

2月24日、金曜日です、こんばんは。
さて、まだまだ2月17日(金)の午後の模様です・・・。(全然進まん・・・。)
a0018845_2338359.jpg
この日の昼食は、鹿児島の黒豚を使ったトンカツ定食(写真・上)でした。別院の職員さんが教えてくれたお店で、「黒豚料理・あぢもり」さんです。
外の衣はカリカリ、中の黒豚肉はしっとり。いい口当たりでしたよ。
我らがお店に行ったときはお昼時だったんで、ランチを頼みましたが、夜は黒豚しゃぶしゃぶが食べられる高級店です。鹿児島へ行ったときには、是非!
a0018845_23385534.jpg

さて、おいしいトンカツでお腹を満たした我ら一行は、「立山の隠れガマ」(写真・左)に向かいました。鹿児島の門徒さんが、竹林に穴を掘って、その中に本尊を安置し、信仰したのです。いまでは、電灯がつけられ、また内部はコンクリートが吹き付けられ、かなり整備されています。






a0018845_2339145.jpg

内部は、凄くホコリっぽく、また沢山のゲジゲジ君たち、そのほか小さい虫が、住んでいます。昆虫が苦手な方は、気をつけて見学してください・・・。
中は整備されていても、基本的には腰をかがめて進みます。奥に5メートルぐらい進んだ所に少し広い部屋があり、そこにご本尊の阿弥陀さんが安置されています(写真・右)。


a0018845_2346994.jpg


ガマの中で記念撮影(写真・左)。なんだか、「藤岡弘・探検隊~鹿児島のかくれ念仏の謎を追え!!」みたいな感じで、楽しかったです。
そういうことで、また次回!
[PR]
by matuken6 | 2006-02-24 23:41 | かくれ念仏レポート

「鹿児島~かくれ念仏探訪~その6」の巻

2月23日、木曜日です、こんばんは。引き続き、2月17日(金)の模様です。
a0018845_21505988.jpg
結局、千葉ロッテの選手のサインをもらいぞびれた一行は、本願寺派(西本願寺)の鹿児島別院(写真・上)にむかったのであった・・・。

a0018845_21513261.jpg
そこには、薩摩藩政時代・真宗門徒を拷問した時に使われた石が残されていて、「なみだ石」(写真・左)といいます。
真宗門徒を割り木の上に正座させ、その上に石をのっけて拷問し、門徒に自白を強要したりしたそうです・・・コワイ・・・\( ><)シ ぎょぇぇぇっ


a0018845_21533872.jpg
つづいて、大谷派(東本願寺)の鹿児島別院(写真・右)へ。こちらには、展示スペースがあり、鹿児島の真宗門徒が使っていた仏具があります。
薩摩藩の摘発を逃れるため、小さな仏壇(写真・左下)を作ったり、家具の中に本尊を安置する(写真・右下)というような工夫がなされています。


拷問といい、本尊を隠し持つことといい、江戸時代の真宗門徒は、信仰を守るために、涙ぐましい努力と工夫をしていたことがよく分かりました。

a0018845_21554485.jpg
a0018845_21555994.jpg
[PR]
by matuken6 | 2006-02-23 21:58 | かくれ念仏レポート

「鹿児島~かくれ念仏探訪~その5」の巻

2月22日、水曜日です。2泊3日の国内旅行なのに、全然話が進みません・・・(泣)。
そんなわけで、2月17日(金)の朝で~す。
a0018845_23471835.jpg
ホテルから桜島と朝日を望みます・・・(写真・上)。う~ん、モデルのK君、ナイスです。

a0018845_23494334.jpgそういえば、我々が泊まった「鹿児島サンロイヤルホテル」には、どうやら「千葉ロッテマリーンズの選手が宿泊していた」みたいです(2月17日現在)。

千葉ロッテの鹿児島キャンプの宿泊先が同じホテルだったんですね~。ホテルのロビーにも右の写真のように、のぼりがありました。

ちなみに、ロッテの選手は見れたのかって?

なななんと、抑えの小林雅英投手を目撃しました~!寝起きで、とっても眠そうでした~。でっかい体をしていましたよ!他の選手は、顔を知らないので、多分誰かとは出会ったと思われます・・・、残念・・・( ´△`)アァ- すまんの~、藤田君・・・。

これが阪神の宿泊先と一緒だったならば、もうワタクシ、旅行どころではないですけどね・・・。そんなわけで、サイン入りユニフォームを激写↓しました。では、また次回!
(左下・背番号30・小林雅英投手、右下・背番号9・福浦和也内野手)
a0018845_074692.jpga0018845_08127.jpg
[PR]
by matuken6 | 2006-02-22 00:11 | かくれ念仏レポート

「鹿児島~かくれ念仏探訪~その4」の巻

2月21日、火曜日です、こんにちは。
さあ今回は、皆さんお待ちかねの、2月16日の夜の鹿児島をご案内です(笑)。端的に言えば、みんなで飲みにいったんですけどね・・・U\(●^▽^●)Уウイー!
a0018845_10493594.jpg

照光寺、霧島神宮を探訪して、鹿児島市内の「鹿児島サンロイヤルホテル」にチェックイン。その後に、鹿児島の繁華街へ繰り出した、かくれ念仏ツアー一同は、山之口町の「焼酎天国」という飲み屋さんへ参りました。このお店、店名の通り、物凄い種類の豊富な焼酎(300種類以上?)が取り揃えられています。女将さん(写真・上の、左から2番目)も優しい方で、思わずみんなで記念撮影しちゃいました。
a0018845_1112798.jpg



今回飲んだ焼酎は、「くろ」という焼酎です(写真・右)。スッキリと飲みやすい焼酎で、ワタクシも酒はあんまり強くないんですが、お湯割り3杯いただきました。ちなみに、写真の彼はかなり酔っています。あしからず、ご了承ください。
(*^¬^*)ウィーッモウイッパイ

(芋焼酎 さつま小鶴・くろ【さつまこづる・くろ】 新鮮な鹿児島県産さつま芋、大地が磨いた天然地下水を使用。)


a0018845_1194363.jpgちなみにつまみ(写真・左)は、「鹿児島の地鶏の刺身」と、「キビナゴのから揚げ」がオススメです。鶏肉を刺身で食べるのは、人生で初めてでした。やわらかいけど、ちょっとコリコリした食感を味わえます。
キビナゴは、鹿児島近海の魚です。ちょっと塩を付けたり、レモンを一搾りして、頭からガブッと食べちゃってください。さっぱりとした美味しさです。
う~ん、鹿児島、ナイスですね~!


a0018845_11184962.jpg
焼酎天国を満喫した我らは、鹿児島ラーメンを無性に食べたくなりました。で、見つけたのがこのお店、「鹿児島ラーメン・豚トロ」です。もちろんとんこつラーメン(写真・右)なんですが、さすが鹿児島のラーメンです。チャーシューが、黒豚なんですね~。しかも、とろけるように柔らかく、濃密な味!チャーシュー好きにはたまりません。

黒豚初体験、鹿児島ラーメン初体験!まさしく濃い目の味が好きなワタクシにふさわしいラーメンでした!

こんな感じで、鹿児島の夜は更けていったのでした・・・。ごちそうさまでした~
[PR]
by matuken6 | 2006-02-21 11:32 | かくれ念仏レポート

「鹿児島~かくれ念仏探訪~その3」の巻

2月20日、月曜日です、こんばんは。引き続き2月16日(木)の模様をお送りします。
a0018845_2315411.jpg

照光寺さんを後にした我々、かくれ念仏ツアー一行は、姶良郡霧島町にある「霧島神宮」を訪れました(写真・上)。名前の通り「霧」が神社全体を包んで、ものすごく荘厳ないい雰囲気でした。

この霧島神宮の縁起は「御祭神・天孫尊瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)。当神宮は天祖・天照大神の御神勅を畏み戴き、高千穂峰に天降りまして皇基を建て給い、国土を開拓し産業を振興遊ばされた肇国の祖神をお祀りしております。」とのことですが・・・。説明の漢字が難しくて読めない・・・!ヽ( T-T)ノ .・*.・:☆、、、アハハ

a0018845_23185066.jpgちなみに、霧島神社の御神木(写真・左)は、「樹齢800年、樹高35メートル、幹囲7・3メートル。この御神木は霧島スギとも言われ、南九州一帯の杉の祖にあたる」そうです。

この杉が生まれたころは、西暦1200年ごろですから「1192作ろう鎌倉幕府」が始まったころです。すごいですね、木の生命力は!木の迫力に圧倒されました。

a0018845_23261714.jpgもう一つ、霧島神宮の見所があります。明治維新で有名な坂本龍馬と妻・おりょうが、慶応2年(1866年)に霧島温泉に湯治に来ていたそうです。で、高千穂峰へ「逆鉾」を見に登山し、その帰りに霧島神宮に立ち寄って一泊したとのこと。いわゆる日本で初めての「新婚旅行」をしたんだとか・・・。ホンマかいな~。

そんなわけで早速、坂本夫妻と記念撮影しちゃいました(写真・右)。
ああっ、俺も早く新婚旅行したいなぁ・・・ヽ(´▽`)/
それでは、また次回!
[PR]
by matuken6 | 2006-02-20 23:29 | かくれ念仏レポート

「鹿児島~かくれ念仏探訪~その2」の巻

2月19日、日曜日です、こんばんは。昨日・18日に鹿児島のかくれ念仏ツアーから帰ってきました。これから少しずつ今回の旅の模様をお送りいたします。
a0018845_227549.jpg

2月16日(木)の鹿児島県は、あいにくの雨。しかし、気温は20度ぐらいまで上昇しました。京都から着ていったブルゾンが、要らないくらいの暖かさ。う~む、日本は広い!そんなわけで、鹿児島空港そばのオリックス・レンタカーで車を借りて、最初の訪問地・湧水町幸田の「照光寺」さん(写真・上)を訪れました。

この照光寺さんの近くには、「幸田ガマ」と呼ばれる、かくれ念仏のほら穴があります。「ガマ」とは、鹿児島弁でほら穴・横穴という意味です。照光寺さんでいただいた資料によれば、この「幸田ガマ」の入り口は、幅・76センチ、高さ・76センチだそうです。大人がしゃがんで入り込める 大きさでしょうか。そして、何メートルか進むと、楕円形の開けた部屋があります。この部屋の高さは102センチあります。

鹿児島の門徒さん達は、江戸時代から明治時代初頭にかけて、細い横穴をくぐり、この小さい部屋の中で、ひそかに念仏したり、お勤めをしたそうです。

a0018845_2262136.jpgまた、照光寺さんには、この「幸田ガマ」で門徒さんが使っていたご本尊(写真・左)があり、見せていただきました。このご本尊は、門徒さんが照光寺に寄贈された物です。寄贈された時は、かなり傷んでいたそうで、後にキレイに表装しなおしてもらったそうです。

16日はかなり雨が降っていて、ぬかるんでいるということで、「幸田ガマ」には行きませんでした。ちょっと残念でした。
[PR]
by matuken6 | 2006-02-19 22:08 | かくれ念仏レポート

「鹿児島~かくれ念仏探訪~その1」の巻

2月16日、木曜日です、おはようございます。

え~、唐突ですが本日から2泊3日の日程で、「鹿児島~かくれ念仏探訪~」の旅に行ってまいります。

かくれ念仏とは何か?

「江戸時代に薩摩藩を治めていた島津氏は、300年余りに亘り民衆を統治する宗教政策で『一向宗(浄土真宗)』の信仰を禁止しました。

 その理由は、一向宗信者にスパイがいたためとか、また本山への上納金として、財政難であった藩内の金が流出するのを防ごうとしたためなど諸説様々です。

 人々は、一向宗の信者である疑いがかかると拷問されるなど厳しく取り調べられました。信者であれば死刑、また信者でないとされても、その拷問の厳しさから、一生身体が不自由になった者、命を落とした者などがいました。

 そのような中で一向宗の門信徒達は、山中の洞窟(ガマ)や、漁師であれば船出した海上などにおいてお講を開き、「ナムアミダブツ、ナムアミダブツ…」と一心に念仏を称え、かくれ念仏の信者となっていったのです。

 また、信者の中には、お宮参りなどと称して京都の本山や藩外の寺院へ聞法に出掛ける者も居りました。その者達を通じて真宗の教えを聞き、禁制のしかれた藩内においても、人々はますます信仰を深めていったのです。」(真宗大谷派・玄興寺HPの『南九州かくれ念仏を巡って』より引用)


あんまり、「かくれ念仏」について予備知識無いんですが・・・。まあとにかく、九州は初めて行くのでイロイロ楽しみです。特に芋焼酎が・・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

それでは、飛行機でGo!いってきま~す!
[PR]
by matuken6 | 2006-02-16 02:58 | かくれ念仏レポート

「今年の・・・」の巻

2月15日、水曜日です、こんばんは。

a0018845_23551469.jpg今年のバレンタインデーも、滞りなく終了でした。

今年の収穫は、お隣に引越ししてきた女性が、挨拶でいらっしゃった時に頂いた、スタバのチョコレートで~す(写真・左)!

あ、ありがたい・・・(*´∇`*)

大事に食することにします・・・。

ああっ、オ・イ・シ・イ・・・(゚▽゚*)ニパッ♪
[PR]
by matuken6 | 2006-02-15 23:52 | 雑記



近頃、うちの家族の中で秘かなブームになっているのが、「ひこにゃん」である。そのストラップを手に入れるべく、日々格闘する生活を綴ります。
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
讃岐うどんツアー~木田酒店
from C級呑兵衛の絶好調な千鳥足
羽田空港 京浜急行
from 流行最前線
迎春日報ブログ版vol.1
from かきなぐりプレス
甘味工房
from 甘味工房情報
富山大学についての話題
from 富山大学受験ガイド★入試 入..
新作 オンラインゲーム ..
from おすすめ情報
にしおかすみこのお笑い動画
from お笑い動画
長井秀和の一念発起
from エンタメを読み解く言葉
ロフトベッド
from ロフトベッド
酒飲みの肝臓
from 二日酔いの特効薬
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧