実録!?横浜の生臭BOZUさん(笑)

<   2005年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「カウントダウン・3・下っ端君手帳」の巻

a0018845_18294133.jpg
 1月29日です。下っ端君は本光寺での最後の週末を迎えています。今日は、谷口さんから引越し用の段ボール箱を幾つかもらい、そろそろ部屋の片付け作業を本格化しようと思っています。

 さて、社会人なるもの、色々な仕事の予定を書き込む「手帳」は必須アイテムです。下っ端君も、毎年地元のH銀行さんからいただく手帳を愛用しています。ちなみに、下っ端君はこの手帳に仕事の予定以外に、「いいなと思った言葉」も書き込んでいます。その言葉は、テレビ番組、新聞、雑誌、本、聞いた話などの中からピックアップして、その日のうちに手帳に書き込みます。こうしたことを昨年の春からだいたい毎日してきました。

 改めて、自分が書き込んだ言葉を見直すと、面白いことが分かります。例えば、下っ端君は昨年の5月に東本願寺でお勤めの講習会に参加しました。この講習会は、お勤めの試験のある講習会で、下っ端君は試験に向けてお勤めの練習に毎日いそしんでいました。すると、5月の欄の言葉は、「自分を奮い立たせる言葉」が多く書き込んでありました。そこにはあるバレーボールの選手の「自信があるとかないとかでなく、五輪切符を絶対取りに行きます」というような一言が随所に見られました。

 もしかすると、手帳に書き込む気になる言葉というのは、そのときそのときの自分の心理にぴったり来る言葉を無意識に選ぶのかもしれません。そういう書き込みを見直すと、そのときあった思い出という事実と、自分の気持ちが分かるようで、より一層面白いなあと思った下っ端君でした。みなさんも、お試しあれ。手帳がもっと身近なものになりますよ。
[PR]
by matuken6 | 2005-01-29 18:14 | 雑記

「カウントダウン・9・坊さん冥利に尽きる」の巻

 1月23日、日曜日です、こんばんは。本光寺の退職が迫っている今月は、月参りや、七日参りに行っている、門徒さんの家で「実は退職が決まりまして・・・。」と話すことが多くなりました。

 多くの場合、「あら、寂しくなるね~」とか、「これからも頑張ってね」と門徒さんから言われ、恐縮しながらもそのお言葉をいただく毎日です。今日も法事に行った先で、「下っ端君がもうやめるって聞いたから、最後にお参りしてもらおうと思って・・・。」と言われると、なにかジーンとするものを感じます。そういう会話をした後で、玄関先で「さようなら、どうぞお元気でお過ごしください」と言う時は、名残惜しい感じがします。

 よくよく考えてみると、どのような出会いであれ、初めて会ったときは「よろしくお願いします」、別れるときは「さようなら」と言います。一見両極にあるような二つの言葉ですが、この二つの言葉は、「ワンセット」で初めて成り立つ言葉ではないだろうかと思います。

 茶道から出た言葉で、「一期一会」というのがあります。意味は「生涯でのただ一度の出会い」というものです。ひとつの出会いが、出会いとして完結するためにも、始まりとしての「よろしくお願いします」と、終わりとしての「さようなら」という二つの言葉が、大切な意味をもってくるのではないかと思います。

 門徒さんとの別れのとき、前述したような言葉をかけていただくのは、本当にありがたいことです。こういうとき、「一期一会」という言葉を実感しますし、また「坊さん冥利に尽きるなぁ」としみじみと思います。
[PR]
by matuken6 | 2005-01-23 22:01 | 雑記

「カウントダウン・10」の巻

 1月22日、土曜日です、こんばんは。今日は、京都に行ってきました。実は、本光寺を退職したあとは、京都で勉強しようと思っています。それで、朝に小松を出発して、春から住む下宿先を決めてきました。

 下宿先は、烏丸北大路から1キロほど南の、「地下鉄・鞍馬口」駅の近くの物件にしました。まあ、交通の便もいいし、間取りも、富山大学時代の下宿先のアパートとほぼ同じなので、問題もなかろうと、決めてきました。

 さあ、これから引越しや、今の下宿先の片付けなど、バタバタしそうです。退職まであと10日余り。早いものです。

 
[PR]
by matuken6 | 2005-01-23 00:00 | 雑記

「カウントダウン・本光寺!」の巻

 1月20日、木曜日です。大寒の今日、小松も強風とともに、白い雪が断続的に降っています。

 さて、1月も残すところ、後10日あまり。下っ端君のカウントダウンが今まさに始まろうとしています。「私こと下っ端君は、一身上の都合により(理由は聞かないで・・・)、平成17年1月31日を持ちまして、宗教法人・本光寺を退職させていただきます。本光寺・住職・多田眞殿」という退職届を今月初めに提出しました。

 そんなわけで、今日のカウントダウンは「12」です。これからの下っ端君日記は諸先輩方の、あることないことを赤裸々に暴露してやろうと目論んでます(ウソ)。皆様も、後もう少し、下っ端君日記にお付き合いください。

 それでは、また
[PR]
by matuken6 | 2005-01-20 16:53 | 雑記

「初滑り」の巻

 1月5日、水曜日です。こんばんは。午前中に雪が降ってました。近所の子供たちが、雪合戦をしたり、雪だるまを作ったり、寒空の下、元気に遊んでました。

 ところでみなさん、今シーズンの「初滑り」はもう行ってきましたか?下っ端君は、3日に小松の山間の「大倉岳高原スキー場」で大杉屋の若社長とボードしてきました。ナイターで1時間半ほどですが、約10ヶ月ぶりの雪の感触を楽しみました。

 それにしても、久々にボードすると、中々感覚が戻らず大変なものですね。体が上手く動いてくれないという感じですね。短いコースを何回か滑って、ようやく感覚がつかめてきました。

 ちなみに、下っ端君はリフトから降りた後の5,6メートルくらいのコースへ降りる坂が、一番苦手です。マジで怖いです。まだまだチキン・ハートなボード歴4年目の下っ端君でした~
[PR]
by matuken6 | 2005-01-05 23:30 | 大学院生日記

「明けました!」の巻

 1月4日火曜日です、こんばんは。新年一発目の「下っ端君日記」です。どうぞ本年も変わらぬご愛顧のほど、皆々様に申し上げます!

 今日から、事務員さんが出勤となり、本格的に2005年体制がスタートいたしました。ちなみに、最近お参りに行くたびに門徒さんに聞かれる質問は「お坊さんは正月何してるんですか?実家には帰らないんですか?」というもの。

 お寺の仕事は、基本的に365日・24時間体制なんで、正月三が日も、本光寺出勤なんです。でも、正月ということで来客・電話での問い合わせも少ないので、坊さん同士で、ローテーションを組んで、事務所で留守番してました。ですから、下っ端君の場合、珠洲の実家には帰れません。まあ、のんびりさせてもらいました。

 ちなみに、元旦には午前11時の本光寺・年頭交例会が終了後、みんなで「すき焼き」を食べました。これが美味いのなんの!そういえば、住職は牛肉をキムチのたれで焼くという、新種の調理法を発見し、「これ、うまいぞ」と満足に浸ってました。最後は、大きいお餅を食べて、正月早々食いしん坊・全開な下っ端君でした。
[PR]
by matuken6 | 2005-01-04 21:52 | 坊さん活動



近頃、うちの家族の中で秘かなブームになっているのが、「ひこにゃん」である。そのストラップを手に入れるべく、日々格闘する生活を綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
讃岐うどんツアー~木田酒店
from C級呑兵衛の絶好調な千鳥足
羽田空港 京浜急行
from 流行最前線
迎春日報ブログ版vol.1
from かきなぐりプレス
甘味工房
from 甘味工房情報
富山大学についての話題
from 富山大学受験ガイド★入試 入..
新作 オンラインゲーム ..
from おすすめ情報
にしおかすみこのお笑い動画
from お笑い動画
長井秀和の一念発起
from エンタメを読み解く言葉
ロフトベッド
from ロフトベッド
酒飲みの肝臓
from 二日酔いの特効薬
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧