「ほっ」と。キャンペーン

実録!?横浜の生臭BOZUさん(笑)

カテゴリ:ラーメンの旅( 27 )

「らーめん三昧・その27」の巻

4月29日・火曜日です。

お待ちかねの、ラーメン・レポートです(笑)。
a0018845_053857.jpg

横浜に来たからにやぁ、一度は食べてみないといけないもの。それすなわち「サンマー麺」であります。伺ったのは、横浜市伊勢佐木町・7丁目にある「水幸樓(すいこうろう)」さん。横浜在住のI君に教えてもらいました。

ぱっと見だと、野菜ラーメンのように見えますが、「もやし、肉、キクラゲ、にらのあんかけ」が麺の上にかけられております。これがまた野菜のだしが、とにかくウマイ!あんかけなんで、猫舌のワタクシは、ハフハフ言いながら、必死で食べました(笑)。さらに、I君の指導により、途中でお酢を入れるといいんだって。スープの味が変わって、これまた「二度美味しい」のである。

ちなみに、このお店は中華料理屋さんなんで、他のラーメン、一品料理もあります。一緒に頼んだ「チャーハン」は、ご飯がフワフワで、これまた大変結構!!

わが下宿から、徒歩でも行ける距離なので、今後も足繁く通いたいところです(笑)
[PR]
by matuken6 | 2008-04-29 00:53 | ラーメンの旅

「ラーメン三昧・その26」の巻

6月4日・水曜日です、こんにちは。

昨日(3日)、東京築地にある浄土真宗・本願寺派(西本願寺)の築地本願寺で、「節談説教」が行われました。全国各地から6人の節談説教伝承者の方々をお招きしての大会。法務が終わり次第、「件のM氏」とともにいってまいりました。

節談説教は、浄土真宗の教えを、身近な人情話をおりまぜつつ、分かりやすく門徒さんにお伝えするものです。笑いあり、涙ありのお話の中に、阿弥陀如来のお慈悲や教えについて説くもの。ワタクシも久々に節談説教を聞き、ウルッとしつつ、楽しみました。

さて、その後は「件のM氏」の提案で、一路品川駅へ。というのも、京急品川駅のガード下に、ラーメン屋さんがいくつかあるとのこと。

パンフレットによると「麺屋七人衆、品達、どんぶり五人衆」ということで、ラーメンとどんぶり専門店が軒を連ねているようです。今回チャレンジしたのが、「麺屋 蔵六」さんの「塩ラーメン」と「チャーシュー丼」です。
a0018845_13152035.jpg
最近、ワタクシの体が濃い味のラーメンを受け付けなくなりつつあるため、さっぱりしたしょうゆ系や塩系ラーメンにはまっております。さて、このラーメンは、塩スープに魚介スープがはいっているようです。スープに浮かぶ鰹節。味は、一般的な塩ラーメンのイメージを、いい意味で変える感じです。むしろ塩ラーメンって感じがあんまりしなかったと思います。ちょっと慣れるのに時間がかかりました。標準的な美味しさかもしれません。ちなみに、味付け玉子は、非常にうまい!!これは食べてみるべきでしょう。

京急品川駅近くなんで、横浜から電車で行ってもOKな、スバラシイ立地条件。いつか、全店制覇してみたいです。そんなわけで、久々の「ラーメン三昧」でした。
[PR]
by matuken6 | 2007-07-04 13:15 | ラーメンの旅

「ぶらり京都の旅、ラーメン三昧~その25」の巻

6月3日・日曜日です、こんばんは。

え~、ちょっと鼻風邪を引いてしまいました。そして昨日(2日)の夜に、渋谷でO谷大学のYさんとMさんと、飲んできまして。その飲み会の最中に、悪寒がしだし、急遽横浜へとんぼ返り。その日の夜は、熱は出るは、汗はぐっしょりかくは、大変でありました。どうも、今回の京都旅行の疲れなどが、飲酒をきっかけに一気に出てきた模様。もちろん、今はだいぶ体調が回復してきましたが、今日も早めに休むことにします。

さて、名古屋の大人な夜を満喫したわれら「メタボ隊(仮)」の三人は、最後に「ラーメンを食べる」ことを決意。しかし、不案内な名古屋の町では、どうしようもない。そこで、タクシーの運転手さんに「美味いラーメン屋に連れてって(はぁと)」と頼み、いざレッツ・ゴーと相成ったのであります。

タクシーの運転手さんが連れて行ってくれたのは、今池の「大丸」さんというお店。お店の外観は、なんだか昭和のにおいがプンプンする感じ。しかも、席はカウンター・6席のみ。いやぁ~、なんだかレアな店であります。

ここで、大丸さんの常連さんのお話を、拝聴する(笑)。

なんでも、大丸さんのラーメンは、昆布だしのスープが基本。そして、具材として入っている、豚バラ肉の味が、かなり濃くて、ラーメンを食べているうちに、その味がスープにまざるんだそうな。一人前の基本は、麺・1.5玉。そこにキャベツ、もやしがどっさりと入る。店の大将に言えば、麺や野菜の量は減らしてもらえます。また、希望すれば、ラーメンの麺ではなく、きしめんやうどん、日本そばに変更も可能。値段は一杯・550円。この値段は、「タクシーの初乗り料金」に対応しているのだとか。

なおかつ店の営業時間がすごい!午前2時から午前4時の間なんだそうだ。さらに、夏の暑いときは、大将がバテてしまうので、営業時間が午前3時から午前4時に変更・・・。しまいにゃ、たった1時間のラーメン屋!?

デラわけわからん(笑)。
a0018845_22514381.jpg
そんなわけで、いざ実食!!まず最初に、大将からの「ちょっと立ってね~」を合図に、どんぶり一杯のラーメンをもらう。この時点で、ワタクシは、目が点になりました。この半端じゃない量!これでも、麺・少なめ、野菜・少なめなんです・・・。いつぞや京都で食べた、一乗寺の「夢を語れ」さんじゃないが、いわゆる次郎など家系ラーメンに匹敵する量であります(汗)。

それからは、大将のマシンガントークの嵐をかいくぐり、ひたすら食べる、食べる、食べるぅぅぅぅ!スープの味は、昆布だしスープだけあって、すっきりした味。ちょっとラーメンと合うかどうかは、個人の判断によって分かれそうです。まあ、最後は豚バラ肉の味で、スープがかなり辛くなっていました。

無心で食べるとはまさにこのこと。どうにかこうにか、食べきりました。

ここでAさんから一言。「ラーメンを注文するとき、最後に注文しないほうがいい。俺なんか、『少なめにして』って言ったのに、親父から『ダメ』って言われた」とのこと。

解説しよう。

この店の親父は、4人に対して麺・6玉の割合で調理を行う。したがって、今回の場合、ワタクシ・少なめ(麺・1玉)、「件のM氏」・少なめ(麺・1玉)、常連さん・普通(麺・1,5玉)、Aさん・残りの麺(約・2,5玉)となるのである。ゆえに、最後に「少なめ」と注文しても、あっさりと店の親父に、拒否られるのである。そんなわけで、Aさんは、泣く泣く麺・2,5玉を食べる羽目になったのである・・・。

深夜の名古屋の町には、このように何ともアウターゾーンなラーメン屋が、あるのである・・・。是非、みなさんも探してみてください。
[PR]
by matuken6 | 2007-06-03 23:03 | ラーメンの旅

「ラーメン三昧~その24」の巻

3月20日・火曜日です、おはようございます。

いやぁ~、なかなか引越し作業が難航しています。ホンマにおわるんかなぁ・・・。なんてことを思いつつ、京都でのラーメン三昧レポートです。

今回訪れたのは、「KIRARI」さんです。場所は、今出川大宮の交差点から2筋上がって、西に入るとあります。ちょっとわかりにくいですが、以前「きっしょう」というラーメン屋さんがあった場所だそうです。

メンバーはいつもの、博士課程のAさんとTさんと、ワタクシでありました。こちらのお店に入ってびっくり・・・!というのも、仏光寺近くの「風花」さんのマスターがいるじゃありませんか?どうやらこのお店は、「風花」さんの2号店になるんだそうです。

で、「風花」さんが「塩ラーメン専門店」に対して、「KIRARI」さんは「醤油ラーメン専門店」になるんだそうです。まあ、デフォルトの「醤油ラーメン」を早速食することに・・・。
a0018845_3533183.jpg
うむ・・・!で、でらうみゃ~!!スープはすっきりとした味で、醤油の嫌味がない。ゴクゴクいけます。マスターによると、スープには背油ではなく、鶏ガラ油とガーリックオイルがはいっているんだそうです。道理で、しつこくない、いい塩梅のすっきり味になるんですね。そして、縮れ麺が適度にスープを絡めて、ワタクシの口の中に・・・。

さらに面白いのは、具材として「高野豆腐」が入っているところ。高野豆腐を食べると、一瞬スープの味がしますが、そのあとで高野豆腐にしみこませた幾分濃い目の味が、出てきます。ちょいとしたアクセントになる具材だなぁと思いました。

まさしく京都のラーメンレポートを締めくくるにふさわしいラーメンでありました!

さて、引越し作業に取り掛かるか~・・・。
[PR]
by matuken6 | 2007-03-20 04:03 | ラーメンの旅

「ラーメン三昧~その23」の巻

3月12日・月曜日です、こんばんは。

今週の16日・金曜日は、北大路烏丸大学の卒業式です。いやぁ~、「卒業」の二文字をめにすると、時のたつのはやいものだと感慨深くなります。この春からは、新天地・横浜で生臭坊主として、働くことが決定して、京都と横浜の間を行ったり来たりしてます。
a0018845_20441976.jpg
さて、今回のラーメン三昧ですが、ラーメンが好きな人にたまらない、新横浜の「ラーメン博物館」からのレポートです。こちらのラーメン博物館は、一階が主にお土産品コーナーで、地下一階と地下二階が、各地のラーメン・ゾーンとなっています。しかも、中の雰囲気は、昭和・40年代の町の様子が再現されていて、結構凝った造りになっています。

今回たべたのは、ラーメンブームの火付け役、和歌山ラーメンの「井出商店」さんです。ワタクシ自身、和歌山ラーメンを食するのは、2回目です。大学を卒業した後に、坊さん養成学校なるものに行ったんですが、そのときの同じ班の人に、和歌山出身の人がおりました。その人に連れられて、食べたのが最初です。その時は「井出商店」さんだっかたは、記憶が定かではありませんが・・・。
a0018845_20444450.jpg
やっぱりここはデフォルトの「中華そば」(730円)を注文。見た目は、「とんこつしょうゆ」らしく、こってりな感じです・・・。最近、ワタクシのおなかは、こってりラーメンを受け付けなくなりつつあるんですが・・・。やっぱ、歳ですかねぇ・・・。

しかし、スープをすすっても、思ったよりは、こってりではなかったですよ。どんどんスープをすすっちゃいました。あと、麺がうまい!ガンガン麺をたべて、ガンガンスープを飲む。ラーメンの醍醐味ですなぁ・・・。

そんなわけで、今回は横浜からのレポートでした!
[PR]
by matuken6 | 2007-03-12 20:44 | ラーメンの旅

「ラーメン三昧~その22」の巻

3月2日・金曜日です、こんばんは。

あるとき、大学での勉強帰りに、鞍馬口の「あじあん」という中華料理屋さんで、おいしく夕食とビールを飲んでました。大体食べ終わって、同席させていただいた、博士課程のOさんとYさんと共に喋っていると、ラーメンでおなじみの博士のTさんからTELが!

Tさんの問うて曰く「今、どこにおる?ラーメンでも食べに行かない?」

がけっぷちの答えて曰く「いま、あじあんで、食べたところですが・・・。もちろん、ラーメン、食べに行きましょう!」

そんなわけで、Tさんの車で向かったのは、一乗寺の「新進亭」さん。閉店5分前に、お店に入る。そこで注文したのが「味噌ラーメン」であります。ワタクシが味噌ラーメンを注文するのは、おそらく数年ぶりだと思います。
a0018845_2343574.jpg
ご覧の通り、非常にベーシックな味噌ラーメンです!が、しかし麺がうまい!!味噌スープの味に負けじと、きちんと麺の味が自己主張しつつも、それらの味がウマク調和する・・・。素晴らしい・・・!
八宝菜や餃子を食べた後で、お腹いっぱいでしたが、Tさんよりも早くラーメンを平らげてしまいました。

そろそろメタボリック症候群の心配をしつつも、大満足な一夜でありました(笑)。
[PR]
by matuken6 | 2007-03-02 23:49 | ラーメンの旅

「ラーメン三昧~その21」の巻

12月17日・日曜日です。

世間はクリスマスムード全開。いよいよ年末らしくなってきました。さて、そんな中いつものように博士課程のAさん、Tさん、そしてNゼミのS君、Nさんとラーメン三昧に出かけました。今回は、京都大学近くの「向日葵」さんに行ってきました。
a0018845_137473.jpg
こちらの向日葵さんのラーメンは「塩ラーメン」(600円)がデフォルトのようです。透き通ったスープに、やわらかいチャーシューが2枚乗ってました。そんで刻み白ネギがしゃきしゃきと美味い。麺は細麺で、チュルチュルすすっちゃいました。

ついでに生中(500円)も頼んだせいか、スープまで残らず飲み干しました(←太るぞ!!)。すっきりしたおいしさのラーメンでした。

こういうラーメン屋さんが、某・北大路烏丸大学近辺にあるといいんですがねぇ~。
[PR]
by matuken6 | 2006-12-17 01:37 | ラーメンの旅

「今日の出来事、ラーメン三昧⑳」の巻

12月2日・土曜日、マジック・9です。

とうとうマジックが一桁になりました。こういうカウントダウンは、心臓&精神によくありません・・・。

今日は、助手のYさんに、論文の文章をみていただきました(いわゆるYチェック)。Yさんの「赤ペン先生」ばりの、修正チェックに、ちょいとへこんだ一日でした。しかし、このYチェックを糧に、一歩一歩生きてゆきたいと、心に固く誓った次第であります。(ここまで、今日の出来事でした)

さて、お腹がすいたので、このブログでもおなじみの、博士課程・AさんとTさんと共に、ラーメンの旅に出かけました。今回訪問したのは、太秦安井町の「すぎちよ」さんであります。そんでもって、「チャシュー麺(並)」750円をいただきました。
a0018845_056384.jpg
えー、チャーシューは片手を軽く開いたくらいの大きさのものが四枚。厚さは、大体5ミリくらいです。チャーシューを箸でつまむと、崩れるくらい柔らかなチャーシューでありました。

そしてスープは、しょうゆとんこつ味で、唐辛子が入った、ピリ辛な味でした。ワタクシにはちょっとピリッと辛すぎた感じでしたが、Aさんは「スバラシイ・・・」と悲喜の涙を流しておられました。また、麺もおいしくいただきました。

ワタクシにとっては、もう少し辛くなければ、なおよいという感じでありました。ちなみに、備え付けのニンニクを入れると、味が多少はまろやかになるようです。

そんなわけで、これからYチェックを参考に、修正作業に入ります。ではでは!
[PR]
by matuken6 | 2006-12-02 00:55 | ラーメンの旅

「こってりと、ラーメン三昧⑲」の巻

11月15日・水曜日です、こんばんは。

また京都ラーメンの聖地・一乗寺に行ってまいりました。今回は「ラーメン荘 夢を語れ」さんであります。一緒に行った博士のAさん曰く「二郎ラーメン系」らしいです。
a0018845_2312464.jpg

でまあ、「小ぶたラーメン」を注文しました。「小」ですが、麺が200グラムほどらしく、一般的なラーメンの大盛りぐらいにあたるとか。しかも、今回は「野菜増し」と「ニンニク」を入れてもらいました。出てきたラーメンは、もうてんこ盛りの状態!(同じ修士2回のF君は、「大ぶたラーメン」を注文。麺が300グラムらしい・・・)

早速、食す。かなりのこってりラーメン。というのも、背脂がたんまり入っているためで、スープ自体は、こってりという感じではありません。しかもワタクシの場合、ニンニクを入れたため、ダイレクトにニンニク風味が絡んできます(笑)。食べ終わって、数時間たちますが、いまだにニンニクの感じが舌の上に残っています。どうぞ、お気をつけください。

さて、こちらのラーメンの特徴は、極太麺ではないかと思います。いわゆるインスタントの「赤いきつね」のうどんがありますが、あの太さで黄色くした感じの麺です。かなり太いので、すぐには延びないようです。

そして、写真にも沢山乗っている、「チャーシュー」たち!はじめ、お腹が減っていて、ガツガツ食べていましたが、途中からきつくなって(胸焼けするともいう)、ドロドロになった脂身だけは、ギブアップでした。チャーシューは、しっかり味がついていました。

もう「小ぶたラーメン」などは注文せず、普通のラーメンをニンニク・野菜増しをせずに注文することにします。やっぱ、デフォルトが一番かもしれんなぁ・・・。どうやらこってりラーメンも、あんまり体に合いそうにないし・・・。歳なんかな~。
[PR]
by matuken6 | 2006-11-15 23:01 | ラーメンの旅

「さっぱりと、ラーメン三昧⑱」の巻

11月13日・月曜日です、こんばんは。

今日は学園祭の後片付け。大学の中央の広場にあったステージは、すっかり解体されて、まとめられてました。週末と一転してとても静かな大学構内でした。

さて、本日の図書館は午後5時半までの、短縮開館の日。そんなわけで、午後七時から博士のAさん、Tさんと共に「ラーメンの旅」にでました。
a0018845_22193679.jpg
今回お邪魔したのは、「ラーメンあかつき」さん。ワタクシ、初めてのお店です。注文したのは「チャーシューメン」(650円)です。お味は、とんこつしょうゆ味ですが、こってりしていません。さっぱりした味で、胃がもたれることありません。薄めのチャーシューも美味しくいただきました。具材は、刻みネギとメンマでいたってシンプル。こってり味が苦手な人にはオススメかと思います。

さて、下宿に戻った後は、風呂に入って、「のだめかんたーびれ」を鑑賞。竹中直人のうさんくささ爆発の演技と、なにをやっても同じ演技しかできない及川光博の演技を楽しみました。

明日も頑張ろう。ではでは。
[PR]
by matuken6 | 2006-11-13 22:19 | ラーメンの旅



近頃、うちの家族の中で秘かなブームになっているのが、「ひこにゃん」である。そのストラップを手に入れるべく、日々格闘する生活を綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
讃岐うどんツアー~木田酒店
from C級呑兵衛の絶好調な千鳥足
羽田空港 京浜急行
from 流行最前線
迎春日報ブログ版vol.1
from かきなぐりプレス
甘味工房
from 甘味工房情報
富山大学についての話題
from 富山大学受験ガイド★入試 入..
新作 オンラインゲーム ..
from おすすめ情報
にしおかすみこのお笑い動画
from お笑い動画
長井秀和の一念発起
from エンタメを読み解く言葉
ロフトベッド
from ロフトベッド
酒飲みの肝臓
from 二日酔いの特効薬
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧