「ほっ」と。キャンペーン

実録!?横浜の生臭BOZUさん(笑)

カテゴリ:大学院生日記( 97 )

「大谷大学・卒業式」の巻

日付は変わって、3月17日・土曜日です。

昨日(3月16日)は、大谷大学の卒業式・修了式でした。
a0018845_13931.jpg

2005年4月に、大学院の修士課程に入り、無事修了となりました。小松の役僧先を辞めて、再び大学生生活になったとき、これでしばらくはゆっくり出来るかと思ってました。しかし、勉強や飲み会に追われて(笑)、この2年間は、あっという間に過ぎてしまいました。

やり残したことは、もうないのかと問われると、やはりどこまでも「やり残し」はあります。『浄土論註』の解読は、まだ完成していないし、修士論文の口頭試問で突っ込まれたところは、自分自身の課題として、これからも問い続けなければなりません。
a0018845_13301.jpg
しかし、大谷大学での2年間は、ある意味で富山大学での4年間に匹敵するくらい、「濃い時間」でした。同じNゼミのみんなとも出遇うことが出来たし、なによりもN塚先生の下で勉強できたことは、本当に幸せでした。

時には、「富味屋」さんで酒を飲み、時には『真宗聖典』を開いて語り合い・・・。今、卒業して感じることは、そういう時間が自分にとって、とっても「大切」で、「特別」な時間であったということです。

いや、自分が生きる「今」という「時間」は、どこまでも「大切」で、「特別」な時間なんだとはっきり自覚することが出来ました。このことに私は、これまで気づいていませんでした。

このことを私に気付かさせてくれた大谷大学の2年間に、心から「ありがとう」といいたい。

そしてN塚先生、博士のAさん、同期のNゼミのみんな、Nゼミをしょってたつ1回生のみなさん、お世話になりました。

自分のわがままを聞いてくれて、応援してくれた父上・母上に、ありがとう。

「みそぢ前、がけっぷち大学院生(笑)」は、今回を持ちまして、修了です。

次回からは、「実録!!横浜の生臭坊主さん」として、新天地・横浜の話題をお届けします。

どうぞ、今後ともよろしくお願いします!!
[PR]
by matuken6 | 2007-03-17 01:03 | 大学院生日記

「真夜中の訪問者(笑)~S々木君への問い~」の巻

3月1日・木曜日です。

ただいま、日付が変わって、3月に突入しました。やっぱ2月は、あっという間に過ぎちゃいましたね。卒業式まで、あと2週間あまり。この京都で過ごす時間も、残りわずかとなりました。

さて、ただいま、ワタクシの下宿には、某NゼミのF氏がおられます。今晩は、ワタクシの下宿で「お・と・ま・り」のようで、早速コタツに入って、スヤスヤとお眠り遊ばしておられます(←敬語がめちゃくちゃだ・・・)。熱い一夜になることは、間違いなし・・・(笑)。

なんでも、先日(2月28日)の大学院入試の打ち上げで、受験生同士で相当お酒を飲んだらしい(笑)。F氏が、午後10時半ごろに我が家に来たときは、も~う酒臭いのなんのって・・・(泣)。

ちなみに、ワタクシは、酒を飲んでいません。いたってシラフであります。

さらに、F氏が我が家に来たことによって、Nゼミの若手のホープ・S々木君に助けを求めました。するとS々木君ののたまわく、「これでわかったでしょう。いっつもF氏とがけっぷちさんが、酔っ払って俺の家に来るのも、そんな感じで大変なんすよ!!」と、逆にお叱りを頂戴しました(笑)。

そういや、ワタクシとF氏は酒を飲んだときに、深夜のS々木家襲撃を、いくどとなく繰り返した、間柄!!S々木君は、そんなわれらを自身のMIXI日記の中で「群賊悪獣(ぐんぞくあくじゅう)」と、称しておられました・・・。

嗚呼、おはづかしや・・・。まさしくその通りであります(笑)。

でもねぇ~、S々木君、F氏は、非常に大事な問いを、ワタクシに投げかけてくれました。

F氏、問うて曰く。「浄土とは何か?浄土は、我々が抱く死後の世界を言うのか?しかし『大経』には、法蔵菩薩の本願によって建てられた世界とある。さらに曇鸞は『論註』の中で、浄土は願心荘厳の世界であって、その他に浄土の因は無いと示している・・・以下略~。」(筆者注・今度、F氏に直接詳しく聞いてください)

さあ、S々木君、F氏の問いにどのように答えますでしょうか(笑)?

春が近づいても、まだまだ夜のほうが長い。今晩の京都の空は、雲の切れ間から、星と月が顔を出している。しかし春の夜というには、程遠い、寒々とした夜空である。この夜空の向こうには、果たしてF氏の問いに対する答えがあるのだろうか?夜空を見上げながら、ふとそんなことを考えた、ひとときでありました。
[PR]
by matuken6 | 2007-03-01 00:40 | 大学院生日記

「今日の出来事」の巻

2月8日・木曜日です、こんばんは。

今日は燃えるゴミの日でした。しかーし、ワタクシが10時半に起きた時には、ゴミ出し時間を2時間半も超過していたため、結局出すのをあきらめました。週明けの月曜まで、頑張ります。

そんな本日のスタートを切ったわけですが、午後から大学に行って、3月開催のNゼミ旅行の仕事をしつつ、曇鸞さんの『浄土論註』をひたすら読んでました。

うれしいことに、約70ページもある『浄土論註』を、なんとか卒業までに読みきる見通しがつきました。

昨年の春休みから、『浄土論註』の最初から読み始めました。やはり昔の中国の文献なので、『仏教語大辞典』(中村元・編)の単語を参照して、文章の意味を少しずつ確認しながら読みました。しかし、文章の意味を考えながらも、当然よく分からない部分が一杯出てきて、その度に挫折しそうになりました。

それでも、曲がりなりにも『浄土論註』を読み通すことができること、ワタクシは嬉しく思います。烏丸北大路大学に来て良かったと心から思います。

そして、大学が終わった後は、我がNゼミの期待のホープであるS々木君と、さしで飲みました。S々木君と飲みつつ、色んな話をしました。ワタクシは酔っ払うと、何を言っているか分からなくなるし、言ったことを覚えてないことが多いです。

実際、今現在も記憶が曖昧ですが、S々木君と一緒に話をし、お酒を飲めたこと嬉しいです。自分にはもう時間が余りありません。しかし、卒業式を迎えるまで、みなさんと色んなことを語り合い、勉強したいと思います。

もう眠いです。おやすみなさい。
[PR]
by matuken6 | 2007-02-08 23:59 | 大学院生日記

「久々の大学院報告」の巻

1月24日・水曜日です、こんばんは。

え~、本日、ワタクシの「口頭試問(←言葉攻めともいう)」が、しゅーりょーしました。これで、修士論文に関わる公式行事は、終わりです。あとは、3月の「Nゼミ・卒業旅行in香港」と、卒業式だけとなりました。

口頭試問では副査のF先生の突っ込みにしどろもどろになり、かなり焦りました。あまつさえ主査のN先生から、「ダメだし」を頂戴して、かなり試問中テンションがへこむへこむ・・・。

結局、試問は1時間の予定をオーバーして、がっつりと1時間15分でした。しかし、先生からの的確な指摘・アドヴァイスは、勉強になったと思います。

「言葉攻め」も、中々いいもんですね。

ありがたいことです。

もう一度考えるべき点と新しい課題を指摘していただきました。

自分で文章を書いていると、自分の中に籠もってしまい、その中でしか書けません。それ以上のことは、やはり先生にみていただくことで、見出せるのではないかと思います。

N先生、F先生、ありがとうございます。

そして、修士論文を書くにあたり、適切なアドヴァイスをしていただいた、Y助手、F助手、そして博士のAさん。なおかつ、共に論文作成を頑張った、F氏、Aさん(修士)、Uさん、K野君。

ありがとうございました。

もうO大学を卒業するまで、残り2ヶ月ありません。卒業するまで、自分が今、勉強すべきこと、勉強したいことを悔いを残さずにやっておきたいと思います。

というわけで、この後は同期のF氏と「般若湯三昧」に入ってきます。

では。
[PR]
by matuken6 | 2007-01-24 18:55 | 大学院生日記

「親鸞さんに遇いに行こう!!」の巻

12月22日・金曜日です。

24日まで京都国立博物館で、親鸞さんの『教行信証』が展示されているという情報をキャッチした、我らが某・北大路烏丸大学の真宗学専攻メンバー。早速「親鸞さんに遇いに行こう」と称して、総勢8人で遠足に出かけました。もちろん引率は、博士課程のAさんデス。
a0018845_2185572.jpg


ちなみに、写真右は、あまりの嬉しさにハメをはずす、イケメン・S々木君。かなり熱い野郎です(笑)!!わがNゼミの期待のホープです。今後の彼に注目したいです。



実際に、博物館の展示室で親鸞さんの『教行信証』を目の当たりにして、ワタクシ、感激しました。今回の修士論文で扱った「証巻」序文を実際に見まして、親鸞さんからのメッセージを自分なりに感得したつもりであります。

約800年前に書かれた、『教行信証』。親鸞さんが「念仏もうさんとおもいたつ心」(『歎異抄』第一条)において感得した、阿弥陀如来の教え。それが『教行信証』全般に流れる「命」であります。そして、親鸞さんが感動をもって、書き記した『教行信証』。ガラスを隔ててでありましたが、親鸞さんの筆跡から、その感動の一端をワタクシも感じさせていただきました。

なんでもそうですが、やはり「生」で接するものからは、直接的な「エナジー」があふれるようです。ワタクシは、このことを忘れないようにしたいなぁと、心から思いました。
[PR]
by matuken6 | 2006-12-22 02:18 | 大学院生日記

「新たなマジック・365」の巻

12月15日・金曜日です。

さてさて、突然ですが、新たな「三十路までマジック・365」がスタートしました。

というのも、本日は、ワタクシの29歳の誕生日。父上、母上にありがとう。いつもお付き合いいただいている、大学の皆様に感謝であります。

早いですね。二十代もラスト一年、三十路まであと一年・・・。

来春には、修士課程を卒業。

しかし、進路はまだ決まっていません。

これからの一年は、またまたターニングポイントになりそうです。

身の振り方を考えねば・・・。ああう・・・。
[PR]
by matuken6 | 2006-12-15 01:33 | 大学院生日記

「マジック・0」の巻

12月11日・運命の月曜日です、こんにちは。

2006年度・修士論文の提出日の今日、お昼ごろに無事、出しました。

長かった道のり・・・。
a0018845_1317358.jpgこれまで励ましのコメントをいただいた、みなさま、ありがとう!父上・母上、ありがとう!助手のYさん、Fさん、ありがとう!いっつもラーメンの旅に付き合ってくださるAさん、Tさん、ありがとう!そんで我等が指導教員・N教授、ありがとう!

今日は、「ありがとう」の日です。

そんなわけで、今晩から「飲酒・解禁」でありま~す!!

ではでは。
[PR]
by matuken6 | 2006-12-11 13:10 | 大学院生日記

「マジック・7の日」の巻

12月4日・寒い月曜日です、おはようございます。

昨日(3日・日曜日)の午後から、大学で論文作成のために出かけました。この追い込み時期に、大学の研究室が使えるのは、ありがたいです。

そして下宿に戻ってから、いつものように数時間コタツで寝てしまい、なんだか体がおかしくなってます。しかも、布団に入って改めて寝ようとしても、中々寝付けず・・・。

そんなわけで、こんな午前五時半から、論文を少しでも進めることにしました。それにしても、部屋の中が寒い!!ちなみに天気予報では、今日(4日)の最高気温が「9度」、最低気温が「2度」とのこと。しばれるなぁ~!!

寒いのは、(ボードの時以外)苦手です。嗚呼、早く遊びた~い!!

エアコンは電気を思いっきり食うし、なんとかコタツだけでしのぎたいところです。

ではでは。
[PR]
by matuken6 | 2006-12-04 05:34 | 大学院生日記

「うはっ、12月突入・・・」の巻

12月1日・金曜日の静かな朝です。おはようございます。

いよいよ、12月に突入しました。

修士論文提出まで、あとマジック・10となりやした・・・。

「光陰、矢のごとし」とはよく言ったもので、うだうだやっているうちに、論文の締め切り時間が押し迫ってまいりました。

残すところあと240時間余り(?)ですが、書けるところまで書いて、なんとしても提出したいものです。

おそらく、ワタクシの予想では、提出日の12月11日の直前まで、吐き気をもよおしつつ論文を作成する羽目になりそうです。

「地球のみんな・・・、オラにちょっとづつ元気を分けてくれ・・・!」

かのドラゴンボールの孫悟空も、このように対ベジータ戦で叫びました。




・・・ワタクシは、一体、何を書いているんだ・・・?

嗚呼、自分で自分が分からなくなる矛盾にさいなまれつつ、ラストスパートです。
[PR]
by matuken6 | 2006-12-01 03:59 | 大学院生日記

「新しい一週間」の巻

11月20日・月曜日、週の初めになっちゃいました、こんばんは。

一週間、はやいですなぁ・・・。

結局、先週は、論文があんまり進まなくて、なんだかブルーになっています(泣)。

こんな時は、「のだめかんたーびれ」を観るに限るゥゥのだァァァァァ!

と言いつつ、最近は、ラーメンと、のだめかんたーびれと、そして論文の愚癡ばっかり・・・。

思いっきりワンパターンな内容ですが、12月10日の解禁日まで、今しばらくお待ちください。

わ~、解禁日、本当に楽しみだなぁ~・・・(*´▽`*)ノ

のだめと江藤先生の絡みも面白そうだ~。

そんなわけで、マジック・21の夜でした。
[PR]
by matuken6 | 2006-11-20 21:41 | 大学院生日記



近頃、うちの家族の中で秘かなブームになっているのが、「ひこにゃん」である。そのストラップを手に入れるべく、日々格闘する生活を綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
讃岐うどんツアー~木田酒店
from C級呑兵衛の絶好調な千鳥足
羽田空港 京浜急行
from 流行最前線
迎春日報ブログ版vol.1
from かきなぐりプレス
甘味工房
from 甘味工房情報
富山大学についての話題
from 富山大学受験ガイド★入試 入..
新作 オンラインゲーム ..
from おすすめ情報
にしおかすみこのお笑い動画
from お笑い動画
長井秀和の一念発起
from エンタメを読み解く言葉
ロフトベッド
from ロフトベッド
酒飲みの肝臓
from 二日酔いの特効薬
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧