実録!?横浜の生臭BOZUさん(笑)

「東大一直線」の巻

10月23日・火曜日です、こんばんは。

インターネットの地域ニュースを見ていたら、東京大学総合研究博物館(本郷キャンパス内)で「異星の踏査」という特別展が開催中(入場無料)とのこと。ということで、早速行って見ました。

東京大学といえば、泣く子も黙る、言わずと知れた日本有数の有名大学。実際にキャンパスに足を踏み入れると、とてもアカデミックな感じがします。かの有名な安田講堂。ここで東大紛争が起こっていたんだなぁ~、と思いにふける。現在は、安田講堂の周りのベンチに、多くの学生さんがのんびりとくつろいでいる。そして、東京大学は、古い建物と、真新しいビルのような建物が共に建っています。長い伝統と、学問の最先端が同居する大学。それが、東京大学の雰囲気なんだなぁと思いました。

さて、キャンパス内をうろつきながら、博物館の中へ入る。こじんまりとしたフロアーの奥に、今回のお目当てがありました。なんでも、「アポロ計画で持ち帰った月の石」と「NASAの無人探査機が採取したビルト2彗星のちり」が目玉展示です。

「月の石」というと、どこか「F.Fの貴重アイテム」って感じ(笑)ですが、実際の「月の石」は、ワタクシの予想を見事に裏切ってくださいました。地球から月を見上げると、たいてい白っぽい色をしています。しかーし、実際の「月の石」は、真っ黒・・・。コレは意外でした。地球の石ころと、あんまり変わりませんでした(笑)。

「彗星のちり」は、もうなんだかよくわかりませんでした。細いガラス管の先端に、「彗星のちり」が糊付けされて展示されていました。しかーし、どれだけ目を凝らしても、ちりが小さすぎて人間の目では見えません(笑)。他の来館者の人たち2,3人と、展示ボックスの前で、中腰になって目を凝らしてました。

一応、電子顕微鏡(?)で「彗星のちり」を拡大していましたが、それでも映像が不鮮明。なんか、もやっとしていましたよ。東大の最新技術で、なんとか鮮明な映像を、見れるようにしてあれば、なおGOODだったのに・・・。

ちなみに「彗星のちり」は、探査機が彗星の「尾」に近づいて、鳥もちのような器具(エアロジェル)を用いて、採取したみたい。ちり採取のノウハウの斬新さに、感心してしまいました。

まぁ、こんな感じで博物館をじっくり堪能。地球外の空間で、実際に直接採取したのは、以上の2点の標本だけだとか。それを考えると、かなり貴重な展示ですよね。そして、この2点の標本があることで、地球の歴史や太陽系の歴史を知る重要な手がかりになるんだって。

きっと、標本の大きさ以上に、大きな研究成果が、これからどんどん生まれてくるんでしょうね。宇宙の歴史が紐解かれるかと思うと、なんだかワクワクしますなぁ~。そんなことを感じつつ、東京大学を後にしました。
[PR]
by matuken6 | 2007-10-23 21:41 | 関東・名所めぐり
<< 「鉄分補給」の巻 「秋の夜長には」の巻 >>



近頃、うちの家族の中で秘かなブームになっているのが、「ひこにゃん」である。そのストラップを手に入れるべく、日々格闘する生活を綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
讃岐うどんツアー~木田酒店
from C級呑兵衛の絶好調な千鳥足
羽田空港 京浜急行
from 流行最前線
迎春日報ブログ版vol.1
from かきなぐりプレス
甘味工房
from 甘味工房情報
富山大学についての話題
from 富山大学受験ガイド★入試 入..
新作 オンラインゲーム ..
from おすすめ情報
にしおかすみこのお笑い動画
from お笑い動画
長井秀和の一念発起
from エンタメを読み解く言葉
ロフトベッド
from ロフトベッド
酒飲みの肝臓
from 二日酔いの特効薬
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧